プロミス

プロミスの返済の特徴について

プロミスの返済の特徴について

プロミスのキャッシングでは、その返済方法に「残高スライド元利定額方式」という返済方法が採用されています。

 

この残高スライド元利定額方式という方法は、借入れの残高に応じて、「最低返済額」が決められ、最低返済額以上の金額であれば、いくらでも構わないという仕組みになっています。

 

そして、この最低返済額は、借入残高が「30万円以下」「30万円超〜100万円以下」「100万円超」の3つの場合で異なり、それぞれ、「残高の3.61%」「残高の2.53%」「残高の1.99%」となっています。

 

また、残高に一定の割合を掛けたものに1000円未満の端数が生じたときは、それを切り上げて計算することになります。

 

例えば、プロミスから5万円キャッシングした場合は、
5万円×3.61%=1,805円
となり、端数を切り上げて「2,000円以上返済すれば良い」ということになります。

 

また、ある程度の目安ですが、30万円以下の場合で36回、100万円以下で60回、100万円超で80回まで分割払いができると考えることもできます。

 

また、プロミスのカードを利用することになってからは、会員専用のサイトで、随時、返済額を確認できるようになっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ