プロミス

本当に多重債務者になりますか?

本当に多重債務者になりますか?

プロミスの申込みに不安を感じている方の中に、借金をすることで、自分が「多重債務者」となってしまうことを心配するケースがあるようです。

 

多重債務者が、基本的には「借金を返済しても返済できない状態」であると考えると、「自分がいくらまで借金をすることができるのか?」を理解していさえすれば良い問題になります。

 

たとえば、プロミスからキャッシングをして、その返済が5万円までしかできなく、それ以上は絶対困難な状態を考えてみます。

 

借金を返済しても返済できない状態は、月々の利息が「返済できる上限額」となっている状態で、元金が減らない状態のことですから、「月々の利息が5万円となる元金」を知ることが重要になります。

 

プロミスの金利を17.8%と仮定すると、月々5万円の利息がかかる元金は「341万7603円」になります。

 

つまり、月々5万円以上返済できない人が341万7603円以上の借金をしてしまうと、返済できない状態になってしまいます。

 

もちろん、月々の返済が負担となってしまうのは良くありませんので、月々5万円が限界であっても、200万円〜250万円程度を上限と考えておく方が安心でしょう。

 

しかし、実際のプロミスとの契約では、利用限度額が50万円〜100万円程度となることが多いので、そもそも、多重債務者の心配をする必要もないでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ